当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
IMG_3107
私の自宅の隣には、地元の方がお世話をしている畑があるのですが。
なんかこうして見るとすごく田舎のように思いますが・・・それほどでもありません(笑)
IMG_3105
今年も夏野菜が育っていました
夏から秋にかけて、度々こちらの方からお野菜を頂くことが多いのです
私ごとですがいつもありがとうございます
IMG_3104
あっ、トマトも発育中~
キュウリもトマトも季節に関係なくスーパーで見かける野菜ですが。
こうやって畑で育っているのを見ると、これからの季節の野菜なんだなと実感します。
これがまた美味しいんですよ
でも、黙って取っていく訳にはいきませんので(笑)
今年もお隣さんからお声を掛けて頂けるのか楽しみな今日この頃なのであります

さて、今回は新発売されたという面白い塗料をご紹介したいと思います。
ure_hero1
いつもお世話になっている材料屋さんが持ってきてくれたパンフレットがこちら。
斎藤塗料株式会社様から発売されているウレヒーローという塗料
もうね、ネーミングからしてインパクトあります(笑)
ちなみにウレヒーローは2液型ポリウレタン樹脂塗料です。
ウレヒーローの「ウレ」はウレタンの「ウレ」なんでしょうね、たぶん
ure_hero2
ゴムやスポンジ、革製品やプラスチックなど、柔軟性のある素材に塗装が可能。
しかも、金属やガラスにも塗装が出来て、密着性も良好だと言う。
弾性塗料にありがちな塗膜の弱さもある程度改善されている様です。
これは従来では考えられない性能を持っていますね。
ウレヒーローを使って時計のG-Shockを塗り替えする動画です。
斎藤塗料株式会社様のYouTubeチャンネルで他にもウレヒーローに関する動画を公開しています。
ure_hero3
ご覧のとおり様々な素材に塗装することが出来ます。
カラーバリエーションは各種色エナメルやクリヤー、メタリックなどもあるようです。
こっ、これは・・・家具塗装にも応用できそうです
今どきは、家具と言っても木製とは限りません。
様々な素材を用いてデザイン・製作される特注家具の世界において、「塗装」で表現出来る事が増えそうですし、また家具のリペアにおいても、ソファーやキャビネットなどのファブリックや皮の部分、ゴムの部分などの塗り直しの可能性が広がりそう。
ure_hero4

おっ、塗膜硬度は2H(自己修復あり)ですって
へぇー、硬度的には普通の2液型ポリウレタン樹脂塗料と遜色ないですねぇ。
しかも塗膜自体に自己修復性があるという。
伸びるのに、それなりに硬いらしいですスゴイナー

●斎藤塗料株式会社|ウレヒーロー
https://www.saito-paint.co.jp/urehero.html
ウレヒーロー特設ページだそうです。
ご興味がありましたらこちらもご覧くださいませ。

うーん・・・この塗料、一度使ってみたいものです。
実際の使用感が分かると、具体的にどんな風に使えるのかというアイデアも出るかもしれません。

本塗料、弊社で使用する機会がありましたら、是非このブログでレポートしたいと思います。


最後までお読み頂きありがとうございました。
それでは次回もお楽しみに


●ニシザキ工芸株式会社塗装部HP
https://tosou.nishizaki.co.jp/

●特注家具・ニシザキ工芸株式会社HP
https://www.nishizaki.co.jp/