当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
IMG_5953
改めまして・・・新年明けましておめでとうございます。
2022年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
今年こそはコロナ禍が収束して欲しいところですね。

本日はもう1月8日の土曜日。
お正月気分もそろそろ抜けてくる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
今週一杯までお休みという方もいらっしゃるのかもしれませんが。
弊社は先日の1月4日に仕事始めを迎えまして、徐々に通常モードに戻している感じであります。
なので、今年最初のブログ投稿もそろそろ始めていきたいと思います。
引き続き頑張って更新していきたいと思っております
IMG_3026
さて、今回はこちらのスクエアーなテーブル天板の塗り直しの様子をご紹介いたします。
お客様よりお預かりしたこちらの天板、通常のサイズものよりかなり大き目でした。
ご自宅でお使いになっているテーブル・・・というのは定かではありませんが。
だとしたら、かなり大きなお屋敷なのではないかと想像をしてしまいました
IMG_3028
木地にはホワイト(W)アッシュという樹種のベニヤが使用されていました。
ベニヤ(突き板)を合板などの下地材に表装材として貼り付けることを「練付(ねりつけ)」と言います。
ホワイトアッシュとは・・・タモやトネリコといった広葉樹の仲間であることから「アメリカタモ」と言ったり、北米地域に生息することから「ノーザンアッシュ」呼ばれたりします。
オーク、マホガニー、ウォールナットと並ぶ四大銘木としても知られており、とてもポピュラーな材です。
IMG_3030
長年のご使用の割には綺麗な現状でしたが、全体的に塗装の劣化が見られました。
汚れや傷などによって表面が白っぽくなっています。
IMG_3031
いわゆる「ピン角」に作られたテーブルですから、やはり角の部分の傷みが目立つのは仕方のないことですね。

さぁ、作業を始めていきましょう。
IMG_3035
現状の傷んだ塗装を除去するために、表面に剥離剤を使用します。
IMG_3037
剥離剤を全体的に配っていきます。
IMG_3040
剥離剤を塗布し終えたら、ビニールのシートで天板全体を覆います。
ビニールシートで覆うのは、剥離剤の乾燥を防ぐ為です。
この状態でしばらく放置し、剥離剤を塗膜によく浸透させます。
IMG_3042
すると塗膜が溶けて、簡単に剥がすことが出来ます。
IMG_3047
塗膜剥離後の状態がこちら。
ほぼ傷んだ塗装は除去出来ましたが、ところどころ茶色く残っているところがありますね。
IMG_3048
なので、オービタルサンダーという機械を使って表面を研磨。
残った塗膜を削り落としていきます。
IMG_3052
だいぶ綺麗に落ちてきたでしょ
IMG_3051
もちろん木口(こぐち)の部分も同様に研磨します。
こうして木地を素肌の状態に戻したところで再塗装を行っていきます。
IMG_3058
木地に着色を施して、耐久性の高い2液型ポリウレタン樹脂塗料を塗装していきます。
IMG_3060
こういった大きな凹み傷などは、
IMG_3061
エポキシ樹脂のパテなどで埋めて補修します。

そして・・・
IMG_3030
↑施工前
↓施工後
IMG_3070
表面の傷や汚れが消え、木目がすっきりと見えるようになりました
元の状態に近い色合いと雰囲気に仕上げました。

IMG_3031
↑施工前
↓施工後
IMG_3076
目立っていた角の部分の傷みも綺麗に修復いたしました。

今回もお客様には大変喜んで頂けたようで良かったです
この度は弊社へ塗り直しをご依頼いただき、誠にありがとうございました。


最後までお読み頂きましてありがとうございました。
ここまでご覧頂いた方にさらにお知らせがあります。

【弊社での塗り直しをご検討されるエンドユーザー様へ】

弊社ではよりご満足して頂ける、気遣いの行き届いた塗り直しをご提供させて頂く為に、日正産業株式会社様と業務提携をさせて頂いております。

出張見積や家具の引き取り・施工後の納品などは日正産業株式会社様が担当。
塗り直しの実作業はニシザキ工芸が自社木工塗装専門工場で行います。

家具のお引き取りから納品まで。
日正産業株式会社様を窓口とする一貫した快適なサービスをご希望される方は下記へお問い合わせください。

●インテリアドクター・日正産業株式会社様ホームページ
http://nissei-sangyo.co.jp/interior_doctor/

私たち塗装部は木工塗装を得意とする職人集団ですが、実務をこなしながらになる営業的な仕事は正直得意ではありませんし、家具運搬等の業務は行っておりません。
それらの点を補い、実作業の面はもとより一貫してより質の高い塗り直しをご提供させて頂く為の業務提携となっております。

どうぞ宜しくお願い致します。


●ニシザキ工芸株式会社塗装部HP
https://tosou.nishizaki.co.jp/

●特注家具・ニシザキ工芸株式会社HP
https://www.nishizaki.co.jp/