当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。
IMG_0460
ここ最近の塗装スタジオは、新規の特注家具や什器、部材などの塗装と共に、今まで使っていた家具を綺麗に塗り替えを行う「塗り直し」のご依頼が増えていたりします
なんでだと思いますか?
どうやらこのコロナ禍が関係している様なのです。
在宅の時間が増え、家中のあちこちに目が行き届くようになると、家具の痛みなども気になったりしませんか
それで、新しい家具を購入するという方がいらっしゃるようで、家具の小売業界は現在伸びているという話もあります。
それに伴って、家具を新調するよりは今まで使っていた愛着のある家具を塗り直したいというニーズも出ている、ということらしいのです。

このコロナ禍で世界的に経済全体が停滞している今、本当に有難いことです。

写真はオフィスの会議テーブルの塗り直しの様子です。
オフィス家具の塗り直しのご依頼も
リモートワークを機にオフィスのリニューアルをしてしまおう、という感じなのでしょうか。
この会議テーブルの塗り直しの様子も後日詳しくアップさせて頂きたいと思ってます。


さて、今回は先日行った社内研修の模様をレポートしたいと思います。
IMG_0358
去る10月10日(土)、弊社から程近い清澄庭園にて社内セミナーを開催しました。
当日はしとしとと雨が降る中、ニシザキ工芸の営業部と塗装部の面々がこの庭園内にある大正記念館に集まりました。

大正記念館から眺める庭園の様子
清澄庭園とは・・・元禄期の豪商、紀伊国屋文左衛門のお屋敷があったと伝えられている広大な敷地の一角にあり、現在では都が管理する庭園公園になっている場所です。
自然豊かな日本庭園は手入れが行き届いていてとても美しく、ここが都心とは思えない環境です。
また、雨が降る庭園も風情があってなかなかよろしい

朝9時に会場入り。
終日こちらで勉強させて頂きました。
IMG_0359
先ずは皆でせっせと会場設営。
自分達のテーブルとイスは自分達で段取りするのであります。
当日はビシッとスーツ着用です。
IMG_0366
そして、西崎社長の開会の言葉。
実はこれまでも色々と私達の為になるセミナーを受けさせてもらってます。
今回も面白いセミナーを開いて頂きましてありがとうございました。
ニシザキ工芸は良い会社であります
IMG_0370
お招きした講師の方は、米澤晋也先生。
株式会社たくらみ屋を主催し、全国を駆け回り講演をされている人気のお方です。
とてもユニークな経歴をお持ちの人物であります。

●秘密結社 たくらみ屋 ~未来をたくらむ集団を作る!~
https://takuramiya.com/
ねっ、名前からして面白そうでしょ(笑)

米澤先生から醸し出されるその独特の雰囲気、なんかワクワクしました
おっ、ちょっとこのセミナー本気で聞いてみようかな的な。

米澤先生、シャッターチャンスを逃した隠し撮り的な写真でごめんなさい
実はこの写真の10倍男前な先生であります。
IMG_0367
テーマは「自主自律、共創、協働経営で経済的にもマインド面でも豊かになる」です。

キーワードに「仕事の主になる」というものがありました。
言われた事をただやるのではなく、同じ志をもったチームの一人一人が仕事の主になり、全体的な視点を持ちつつチームを思いやりながら任務を遂行してゆく。

・・・私の乏しいボキャブラリーではなかなか一言で説明しきれないのですが

それぞれが個人商店的な立場で自由に動きながらもチームで協力しあう。
それは、互いをを補い合い、それぞれの強みを活かす為のチームワーク。

どうしたら私個人がチームにとって喜んでもらえる存在になりえるのか?
それがチームが世の中に喜んでもらえる存在になる為の行為につながってゆく。

私個人のアイデアや決断が喜んでもらえる存在としての行為となり、責任感、楽しさ、やりがいが生まれる。

そのチームが本当の意味で喜ばれる存在となりえた時、結果は後から勝手についてくる。

・・・という事でしょうか。

 その為には、どんな考え方で具体的にどの様に行動すればよいか?
自ら考えて動き出す手法。
それを私達で作り出すきっかけを与えてくれるセミナーでした。
IMG_0377
とりあえず、中学生でも分かる経営についてのお話。
売上と利益の関係性について分かりやすくご説明頂きました。
商品の値段を1割値引く場合と販売量が1割落ちる場合では、こんなにも結果に差が出るなんて…会社の仕組み、社会科のお勉強であります
こういった仕組みを踏まえた上での業務改善には劇的な効果があると言います。
先生いわく、頑張らない仕組みづくり
実は私、こうゆうのあまり良く分かっていませんでした。

こういった手法をもって問題点を見つけ出し、改善して仕事の流れをスムーズにする
チーム全体、会社全体を見渡す広い視野をもって個々の活動を行ってゆくことが大事とおっしゃっておりました。
やはり自分のことだけに集中しがちですもんね
この辺を常に意識しておくだけでだいぶ違うだろなと思いました。
IMG_0374
チームワークとはなんたるかを学ぶ為のゲーム。
米澤先生のセミナーは理論や概念を並べてゆくような小難しいものではなく、自分達の頭や体を動かし、実践を通して感覚的に体感出来るワークショップ的な感じ。
すごく分かりやすかったです。
IMG_0368
お昼はなんと今半のお弁当を出して頂きました
IMG_0369
とても美味しゅうございました
ただ、わたくしには上品すぎて、もう2、3個はいけそうでした(笑)

そう、米澤先生はどんな仕事でも「仕事の主」になりえるとおっしゃっておりました。
どんな底辺の仕事だとしても。
それは先生ご自身の人生経験から発せられる真実の言葉であります。

仕事の主となりえた時、物心ともに豊かになれる。

郵便局長より幸せな郵便配達人だっている。
大企業の社長より幸せな、立派な社屋のトイレ掃除するおばさんだっている。
校長先生より慕われる用務員のおじさんだっている。
でしょ

思えば、私達は学校教育で「規律、競争、自己責任」を教えられてきました。
「前にぃ〜ならえ!…なおれ!」。
学校では校則や先生の言う事に従順なことを良しとされ、テストで点数を付けられ順位を競わされ、ダメなのはお前のせいだ、もっと頑張らなければいけない・・・と。

それがいけないとは言いません。
人間業界にはルールがあって、それを守らないと生きてはゆけませんから。

ただ、世の中を上手に渡ってゆく為の様々な観念も、あまりに身に付け過ぎては、着ぶくれして動けなくなってしまうことだってあります

当然だと思っている事を疑ってみる。
嫌だった中間テストだってクラスで協力しあえばみんな100点を取れるかもしれない。
あっ、それじゃテストじゃないですよね
でも、社会は学校ではありません。

先生がおしゃっていたもう一つのキーワード、「誰一人見捨てない」ということ。
お互いに尊敬しあい、身の危険を感じる事なくチーム内で自由な発言が出来る雰囲気作りも大切だと先生がおっしゃっておりました。

それらは決して理想ではなく、良い仕事をして結果を出す為の手法なのだろうと思います。
チームで決意して、ひたすら実行する。
それが当たり前になるまで。

令和の時代に入り、社会全体がそういう方向にシフトしているんだなと感じます。
もしかしてこのコロナ禍をきっかけにググッと変わってゆくかもしれませんね。

「規律、競争、自己責任」という思い込みから「自主自律、共創、協働経営」へ。
そんなパラダイムシフトを上手に出来たら、本当の意味で経済面でもマインド面でもより豊かになれそうだ。

先生が教えてくれた事はあくまで道標なんですよね。
剣道、柔道、華道、書道…こうしたら絶対勝てるとか、こうやったら究極の美に到達するとか、いくら探しても正解がないように、絶対の成功法則など存在はしないと思うのです。

それは言葉では伝わらないものだと思いますし、正解は自分の中にしかないと思います。
結局のところ自分の足で歩いてゆくしかないですね。

何はともあれ、興味深くて面白いセミナーでした。

そんなこんなで、皆さまお疲れ様でした
米澤先生、雨で足元が悪い中、遠路はるばる清澄白河までわざわざ足を運んで頂き、本当にありがとうございました。


●ニシザキ工芸株式会社塗装部HP
https://tosou.nishizaki.co.jp/

●特注家具・ニシザキ工芸株式会社HP
https://www.nishizaki.co.jp/