当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

私達が所属する“東京木工塗装技能士会”では、毎年11月に技能コンクールが開催されます。
https://www.mokkoutosou.com/blank-8 ←詳細はこちら。
そう、早いもので今年もこの季節がやってまいりました。
提出期限は11月15日、塗装部スタッフ達は納期に間に合わせるべく、各々が仕事の合間を縫って作品作りに精を出している今日この頃であります。

動画は私の自由課題の制作途中の様子です。
今年の作品にはなんと電飾を仕込んでみました(笑)
皆どんな作品を出してくるのやら・・・楽しみです
完成した作品や技能コンクールの様子もこのブログでご紹介できたらと思います。

さて、今回は楕円テーブルの塗り直しの様子をご紹介していきます。
IMG_0486
おそらく折り畳み式のテーブルでしょう。
天板のみのお持ち込みでしたので、詳細は分からないのですが、中央で2分割にされている天板です。
うーん、相当使い込まれている感じですね。
IMG_0488
近くで見てみましょう。
塗装が剥がれて木地が見えてしまってますね
しかし・・・大丈夫。ばっちり綺麗になりますよ
こうゆう方が直し甲斐があるってものです。
IMG_0491
それではいつものように作業を進めてまいりましょう
せーのぉ~・・・なるほど・ザ・もうすぐ冬が始まるよ塗り直し

先ずは下準備から。
IMG_0482
天板をひっくり返して、塗装しない裏面の掃除を行っていきます。
普段見ることのない裏面ですが、結構ほこりや汚れがついているものです。
丁寧に水拭きをしていきましょう。
IMG_0485
そして、塗装のミストがかからないように養生をしておきます。
IMG_0492
もう一度ひっくり返して今度はおもて面。
現状の色合いを見本帳を使って記録しておきましょう。
この際に艶具合と塗膜の厚さも見当をつけておきます。
色は・・・この辺、艶は・・・3分消しくらい、仕上がりは・・・セミクローズかな
現状と同等のイメージで仕上げていきたいと思います。

よし、作業を進めてまいりましょう。
IMG_0495
現状の傷んだ塗装を剥がしていきます。
表面に剥離剤を塗布。今回の剥離剤はネオリバーの#111を使用しています。
剥離剤がしっかりと浸透するように分厚くぽってりと置いていく感じで。
IMG_0501
剥離剤を塗布したら、表面をビニールマスカーでラッピング。
浸け置き状態にしてしばらく放置しておきましょう
IMG_0512
そうすると塗膜が溶けて綺麗に剥がれていきます。
IMG_0516
こちらが傷んだ塗装を剥がし終えた状態です。
無塗装の木地の状態に戻して再塗装をしていきます。
IMG_0515
塗装を剥がして気づいたこと。
現状の状態が傷だらけでよく分からなかったのですが、高級材であるマホガニーを使用して作られているテーブルでした。
美しい木目であります
IMG_0518
塗装を剥がした跡はしっかりとペーパーをかけて研磨。
素地を調整しておきましょう。

これで下地作りが終了
塗り込みを行っていきます。
IMG_0519
顔料を調色して、着色剤を作っておきます。
これを木地に塗布して色を付けていくわけです。
IMG_0523
こちらが木地に着色を行って、下塗りを1回吹き付け塗装した状態です。
下準備の際、記録しておいた色合いに近づいてきました。
IMG_0525
下塗り(ウッドシーラー)をしっかりと乾燥させて研磨。
さらに中塗り(サンディングシーラー)を塗り重ねていきます。
塗膜の厚みを出す為、中塗りは乾燥と研磨を挟みながら合計9回吹き付けていきました。
今回は耐久性の高い2液型ウレタン樹脂塗料を使用しています。
IMG_0529
中塗りをしっかりと乾燥させたら、仕上げ前の研磨を行っていきましょう。
この際にも傷や凹みなどを最終チェックし、パテなどを使って直しておきます。
そして機械を使ってしっかりと研磨、平滑な面を出していきます。
IMG_0530
最後は手を使って研磨していき、研ぎ残しがないようにします。

さて、作業は佳境に入ってきました。
一気に仕上げてまいりましょう
IMG_0531
前の工程で顔料を調色をしましたが、今度は染料を調合して色味を作っておきます。
IMG_0533
そして調色した染料を吹き付けていきます。
この工程で色味を足すことにより、下準備で記録した色合いにより近づけていくわけです。
また色の層を重ねることにより、深みのある色合いになります。
この工程はカラーリング(補色)といいます。
IMG_0536
カラーリングが終わったら最後の仕上げを行っていきましょう。
仕上げ用のクリヤー塗料を吹き付けて作業は終了です。
下準備で見当をつけた艶具合の3分消しのクリヤーです。

そして・・・
IMG_0486
↑施工前
↓施工後
IMG_0537
どうですか?
綺麗になったでしょ

IMG_0490
↑施工前
↓施工後
IMG_0540
うん、いいね。
美しいマホガニーの木目がすっきりと見えるようになりました

IMG_0545
アンティークな雰囲気も再現しました。
お客様にもご満足して頂けたのなら幸いです。
心機一転、引き続き長くご愛用して頂けたら私達も嬉しいです

最後までお読み頂きましてありがとうございました。
ここまでご覧頂いた方にさらにお知らせがあります。

【弊社での塗り直しをご検討されるエンドユーザー様へ】

弊社ではよりご満足して頂ける、気遣いの行き届いた塗り直しをご提供させて頂く為に、日正産業株式会社様と業務提携をさせて頂いております。

出張見積や家具の引き取り・施工後の納品などは日正産業株式会社様が担当。
塗り直しの実作業はニシザキ工芸が自社木工塗装専門工場で行います。

家具のお引き取りから納品まで。
日正産業株式会社様を窓口とする一貫した快適なサービスをご希望される方は下記へお問い合わせください。

●インテリアドクター・日正産業株式会社様ホームページ
http://nissei-sangyo.co.jp/interior_doctor/

私たち塗装部は木工塗装を得意とする職人集団ですが、実務をこなしながらになる営業的な仕事は正直得意ではありませんし、家具運搬等の業務は行っておりません
それらの点を補い、実作業の面はもとより一貫してより質の高い塗り直しをご提供させて頂く為の業務提携となっております。

どうぞ宜しくお願い致します。


●ニシザキ工芸株式会社塗装部HP
https://tosou.nishizaki.co.jp/

●特注家具・ニシザキ工芸株式会社HP
https://www.nishizaki.co.jp/