当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
978D5126-5EC3-4F34-ACAE-BFFB74177C75
今、巷ではけん玉が熱い
ここ最近、私達の間ではちょっとしたけん玉ブームが起こっておりまして
先日の投稿
けん玉ウェブギャラリーを開設した事をご報告させて頂きましたが、あれからご縁があって、凄い方とお会いする事ができたんです

さて、そのお方とは・・・
けん玉パフォーマーの大川英一郎さんであります。
こちらの動画はお会いした際にけん玉を実演して頂いた様子ですスゲー
繰り出される凄技の数々に魅了されてしまいましたウットリ
ちなみに実演動画ではこちらのけん玉を使って頂きました。
先日の技能コンクールでグランプリを頂いた、私の作品でありますウレシー

大川さんは、全日本のけん玉選手権では幾度となく優勝を果たし、世界大会でも数々の栄冠を獲得されている、世界屈指の凄腕の持ち主。
地元静岡県でけん玉の指導者として後進の育成や普及活動の傍ら、全国でもイベントショーや講演などでご活躍されている、日本初のプロけん玉講師としてその筋では超有名人なのです。
こちらのウェブサイトに大川さんの経歴や面白い動画などが掲載されています。
是非ご覧くださいませ
DSC_0815_edited2
大川さんにお会いして、私達が作ったけん玉ウェブギャラリー東京木工塗装技能士会の会員技能士たちが作ったけん玉を実際にご覧頂いたのですが・・・なんとお褒めのお言葉を頂きました
私達が作ったような、工芸品のような細工の施されたけん玉は今まで無かったとおっしゃっておりました。
けん玉のレジェンドからそう言ってもらえると非常に嬉しいものです

やはりけん玉はハードに使ってナンボですからね、デリケートな工芸作品的な感覚は無かったのかもしれません。
身の回りの様々な日用品や道具には、工芸・美術作品の域まで高められたものが数多く存在するのに、どうしてけん玉には無かったのだろう・・・あってもいいですよね。
庶民的なイメージの強いけん玉ですが、よく見るととても魅力的な形をしてますし。
そこに新しい可能性があるような気もします。

私達の技能で生み出したけん玉で何かお手伝い出来たらいいな。
何か面白いコラボが出来たらいいなと思う今日この頃なのであります。

ここまでお読み頂きましてありがとうございました。
次回をお楽しみに


●ニシザキ工芸株式会社塗装部HP
https://tosou.nishizaki.co.jp/

●特注家具・ニシザキ工芸株式会社HP
https://www.nishizaki.co.jp/